アミノインデックス® | 札幌市豊平区の内科・小児科 | 小笠原医院

ご予約・お問い合わせは

011-812-1788

日曜・祝日休診

アミノインデックス®

011-812-1788

アミノインデックス®

1回の採血で三大疾病を評価

さらに4年以内に「糖尿病」を発症するリスクも評価します。

がん・脳卒中・心筋梗塞のリスク

アミノインデックス リスクスクリーニング(AIRS)

アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)

アミノインデックス 生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)

アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)について

アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)の特徴とは

  • 特徴①

    血液中のアミノ酸濃度測定により、現在がんである可能性を評価する検査です。

  • 特徴②

    一度の採血で膵臓がんを含む、複数(男性5種、女性6種)のがんを同時に検査できます。

  • 特徴③

    早期のがんにも対応した検査です。

  • 特徴④

    採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。

アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)は、現在がんである可能性を報告します

AICSは、それぞれのがんについて、現在がんである可能性を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。
数値が高いほど、現在がんである可能性が高くなります。
現在がんである可能性を判断する目安として、A、B、Cの3つのランクに分類しています。
AICSでは、ランクA→ランクB→ランクCの順番で現在がんである可能性が高くなります。

ランク分類表

※がんである可能性とは?

AICSは、血液中のアミノ酸濃度バランスを解析することによって、現在がんである可能性を評価する検査であり、生涯にわたってのリスクを予測する検査ではありません。
なお、がんの有無を直接調べる検査ではありませんので、「ランクA」であっても100%がんではないとは言い切れません。
同時に受診した他のがん健診の結果と異なる場合があります。
また、血液中のアミノ酸濃度は様々な原因で変化するため、がん以外の疾患や、個人特有のアミノ酸のパターンにより、がんでなくとも「ランクB」または「ランクC」と判定される場合があります。

アミノインデックス -リスクスクリーニングAIRS

1回の採血で三大疾病を評価します。
この検査は、血液中のアミノ酸濃度バランスから、さまざまな疾患リスクを一度に評価する検査です。

検査対象は成人男女
癌リスクスクリーニングと生活習慣病リスクスクリーニング検査

アミノインデックス

癌リスクスクリーニング

種 類 対 象 検査項目
男性5種類 25歳〜90歳
胃がん、肺がん、大腸がん、膵がん
40歳〜90歳 前立腺がん
女性6種類 25歳〜90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、膵がん、乳がん
20歳〜80歳 子宮がん、卵巣がん

現在ガンである可能性を判断する目安としてランクA、ランクB、ランクCの3ランクに分類しガンである可能性が高いのか低いのかを検査します。
ランクAは低く、ランクCはがんである可能性が高い事を示しています。

生活習慣病リスクスクリーニング

  • 脳心疾患リスク

    10年以内に脳卒中、心筋梗塞を発症するリスク
    対象年齢 30〜74歳

  • 糖尿病リスク

    4年以内に糖尿病を発症するリスク
    対象年齢 20〜80歳

  • アミノ酸レベル

    血中の必修・準必修アミノ酸の低さ
    対象年齢 20〜80歳

上記疾患がどのくらいの期間で発症するリスクがあるのか、結果はA、B、Cの3ランクに分類され、脳心疾患では10年以内に発症するリスクがあるのか、糖尿病では4年以内に発症するリスクが高いか低いか調べる事が出来ます。

※上記検査を受けられない方
妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中の方を含む)、先天性異常の方、透析患者の方は受けれなせん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病の方も評価対象外となります。

料金

アミノインデックス-男性(8種)¥25000
アミノインデックス-女性(9種)¥25000